年長

COPDのブログではどうやら最年長になったみたいだ。お茶っとさんは亡くなったし、はるみさんはご自分で緩和されていたが、ここ一月以上ご返事をいただけない。勝手に憶測をするのはいけないが、余りよろしくないようである。となるとどうも最年長は私と言うことになる可能性が高いようだ。××歳 何がめでたい と言う本があるがその年齢には遠く及ばないが、平均寿命を超えてなにがめでたいといいたくなる。老人になると一つの病気が治らないうちに次の病気が襲ってくる。それが治らないうちにあるいは酷くなるうちに次の病気がやってくる。いずれの病気も老化が関係したもの あるいは老化そのものだから老化を治さないと治ることはない。でも老化を治すことは出来ないから病気は治らない。治らないと言うより老化は進むものだから、病気も進む。COPDは進行性であるが老化も進行性だ。双方仲が良い。互いに手を取り合って前進して行くのだから。少しぐらいは後退しても良さそうだがそれはない。精々足ふみぐらいは短時間ならあるようだが・・・。
要は闘うべきと言うより闘わされる敵はだんだんに増え、戦力も増強してくるが、こちらは孤立無援、兵站が途切れたインパール作戦みたいなものだ。 例えば風邪 これまで風邪を引くことはまずなかったが、風邪を引いた。インフルでない普通の風邪だが、二度引きした。そのたびに酸素量を増やしても息苦しさは増すばかりだった。風邪が治ってもーー完全に治ったわけではないーー酸素量は元には戻らない。
少し話が飛ぶが、今世紀に入っての医学の進歩は早い。医薬品も低分子から核酸へと進んできた。核酸となれば若返りも遠くはない。あと半世紀を待たず、再生医療や若返り医療などが花開いているはずである。
肺気腫だって点滴すれば健全な肺が再生するようになる。だが今の段階ではどういうメカニズムで肺気腫が発生し拡大していくのか不明なままだ。がん 心臓に次いで世界第二の死因になる予測があるがその割には治療法が停滞している。癌などはいろいろな方策が花盛りだが、高価な割に効果が限定的であり、これという決め手はない。ある意味黎明期であり混沌期なのかも知れない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

copd58
2018年03月26日 12:55
ないちゃんさん 最高齢おめでとうございます。

最近更新がないので心配していました。

私は最近、鍼灸治療を始めました、ないちゃんさんのブログにはなかったので・・・
ロッココ2005
2018年03月27日 20:58
ないちゃんさんへ
更新首を長ーくして待っていました、嬉しいです、
ないちゃんさんが前にも、書いていましたが肺気腫の方の
ブログが少ないのに、一層少なくなって寂しいです😔

また、出来るときに更新お願い致します、待っています、
有難う御座いました。楽しみにしています。
ないちゃん
2018年03月28日 13:23
COPD58さん 針灸ですか 効くという者がないので針灸もいいと思います。ある論文にCOPDの進む人と余り進まない日との違いはなにが一番大きな要因かというのがありました。一秒量や歩行距離、急性増悪数などいろいろありますが最も大きいのは年齢だという結論です。
年に比例して早く進むという結論が示されていました。
肺気腫って老人病です。若いうちは大丈夫です。頑張ってください
ロッココ様
2018年04月01日 22:06
老犬さんは如何ですか。私は以前猫を飼っていました。18年生きましたが、最後の方は医者通い、腎臓をやられました。最近は犬より猫を飼う人が多くなったとか。やはり毎日2回の散歩は高齢者にとって大変だからでしょうかね。桜も散り、もうすぐ若葉の季節ですね。
時は春 日は朝 朝は7時 片岡に・・・。の詩の通り
神空にしろしめす。すべて世はこともなし ならいいのですが、個人的にことだらけ です。
ご健勝で・・。
copd58
2018年04月05日 09:08
ないちゃんさんへ

私の叔父の話ですが、58歳ぐらいで禁煙しました、当時50本入りのピース缶を吸っていました。なぜ止めたか分かりませんでしたが、後で叔母に聞いたら、70歳ぐらいで100mも歩くと息切れしていたそうです。

酸素など吸っていませんでしたし、たばこを止めた方がいいなど一切言いませんでした。

それから、2、3年後に入院して2,3ヶ月で肺がんで亡くなりました。死因は肺がん医師に聞いたたあそこまで進んでいたら手の施しようがないといわれました。

家族から肺がんなんて恥ずかしいといわれ唖然としました。

そのときもカニューラもつけていず、チューブは体内につながっていました。

copdから肺がんなのに酸素も吸わずいる姿を思い出すと不思議です。

これだけ個人差があるんですね。

叔父は太っていました。
ロッココ2005
2018年06月02日 11:31
ないちゃんさんへ
御無沙汰致しております、時々、ブログに訪問しては
如何して居るか?見ておりますが、そろそろ更新かなと
楽しみにしています、私の犬は大分弱ってきて、後ろ足が

立つ時によろつきます、ないちゃんさん調子の良い時に
更新をお願い致します、健康に気おつけて下さいね、
宜しくお願い致します、待ってま~~す。
egechan
2018年07月03日 10:07
ないちゃんさんが何度か話題にされていた、桂歌丸さんが遂にお亡くなりになりましたね。
(ないちゃんさんとどちらが最長不倒でしょうか?)

大好きな芸人でしたが残念です。彼の”オチ”、”勘どころ”のすばらしさは他の芸人をはるかにしのいでいました。彼に匹敵する人物はもう現れないのではないかと思っています。

合掌

この記事へのトラックバック