あかん

舌癌になってしまった。癌になるなら肺がんか胃がんだと決めていたので、不意打ちを食らった。
で困ったことができた。COPDで肺がボロボロ、心臓も心電図 心エコーともよくない。それに80歳を超えている。三者そろい踏みである。とりわけ肺は呼吸機能上からも、CTからも全身麻酔に耐えられないと麻酔医に突き放された。もし全身麻酔しても抜管できないとなる可能性が高いというのだ。全身麻酔で癌の手術は成功しましたが患者は抜管できず、寝たきりになり、余命幾何ということでは一体何をしたのかわからないので、危険は侵さないというのだ。癌になれば あるいは癌でなくても開腹手術などは難しいですよと だいぶ前から言われていたことが現実になった。これにて人生終了かと思ったら、ならば仕方ない 部分麻酔で癌の部分の舌を切り取ると外科医の方はまとまることになった。外科医は切るのが専門である。部分麻酔は麻酔医の役目でなく 外科医の役割だ。
意識がある中で、舌を切るのである。手術する方も難しいが、される方は大変だ。痛いし 気持ち悪いし、動いてはいけないし、手に握らされているブザーを押すことができるだけだ。もう死ぬ思いであった。4時間の間 息はしにくいし、生臭い血が出ているのはわかるし、検体を検査する病理に時間がかかるし、一巻の終わりとはこのことかと思い続けていた。汗と血と涙の物語がやっと終わって、一息ついたが、その晩痛いのと出血と唾液が呑み込めないために一睡もできなかった。寝ずに自分で吸引し ティッシュを多用したが、朝みると枕もシーツも赤く染まっていた。
料金は後期高齢者なので上限があり、個室の代金を除くと10万を割るぐらいである。
だが問題はこれからである。いつ喉首のリンパ節に転移するかわからない。胃 食道 肺なども転移候補にあがる。
転移するともう治療方法がない。じ えんど である。
そうでなくても、年齢が80歳を超えて手術すると全身が弱り、回復しない。
多臓器不全というよりも、それに脳、筋肉 骨 目 耳などすべてトータルに弱ってしまった。全身不全である。
閻魔様の近くをうろついている感じだ。
閻魔大王様も舌を切ろうにも 肝心の舌がないので困ることだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

小亀315
2017年10月01日 06:09
ないちゃんさん今ブログ読ませていただきました。
なんとお見舞い申し上げていいのか、ほんとに大変でした・・・・・・。
もしこれが私だったらどうなっているのか見当もつきません、
ないちゃんさんでも、もう地獄に行く用事がありませんから、当然天国に行かせてもらってください!!

これから先(治療)は良い方向に向かわれますよう祈っております。
朝晩冷えてきています、風邪など引かれませんようにお過ごしください。
copd58
2017年10月03日 09:42
ないちゃんさん

ブログ再開おめでとうございます。
いつもないちゃんさんのブログ楽しみにしています。

更新がないと何かあったのかと心配になります、ないちゃんさんも子亀さんのブログにコメントしてましたよね。

どきどきでいいので更新おねがいします(笑顔)!
プリン
2017年10月06日 18:53
ないちゃん ご無沙汰しています。 ないちゃんのブログに衝撃を受けました。copdの怖さが 大手術に全身麻酔を使えない恐ろしさが身に沁みました。ないちゃんの精神力の強さは何処から来たのですか。4時間もの長い長い手術に耐えられたのには 自分に置き換えて想像すると 耐えられません 。ないちゃんには 只々頭が下がります。ないちゃんの長寿お祈りしています。
ないちゃん
2017年10月22日 11:07
どうしても麻酔しないと手術できないとなると、麻酔をかけたと思います。可能な限り肺に悪影響を及ぼさないために ということだと思います。それでも結構全身に負担がかかり、それが呼吸を悪化させました。
それはそうとプリンさんはまだ走っていますか?
ロッココ2005
2017年11月18日 09:42
ないちゃんさんへ
一昨日は色々教えていただいて有難う御座いました、
思い切ってコメントを入れてみます、私も2度
指導管理料を払いましたが、納得はいきませんね!
これからも、身体を大事にして、長生きして
色んなことを教えて下さい、コメントの入れ方
間違っていましたら、叱って下さい
本当に宜しくお願い致します。

この記事へのトラックバック